家づくりノウハウ

家づくりは土地探しから

「どうやって土地を探せばいいの?」 - 土地の情報の集め方 -

「どうやって土地を探せばいいのでしょうか?」
方法としては、おおまかに以下のような方法があります。
  • 1.不動産会社に行く
  • 2.チラシやネットで探す
  • 3.住宅メーカーから紹介してもらう
という方法です。これまでも繰り返し言ってきましたが、土地はなかなかありません!ですからチャンネルをいくつも持っておくのは、大切なことです。
1.不動産会社に行く
不動産会社に行く場合は、自分の条件を伝えておいて、よい物件が見つかった時に連絡してもらうようにするのです。私のオススメは2社くらい仲のよいところを作っておくこと。大手の不動産会社と希望エリアの地元の不動産会社。私たち三好不動産には、広く福岡の情報が集まります。調査能力も高いので、上手に利用してもらうといいと思います。一方で地元の不動産会社には、一般ではなかなか知ることができないコアな情報が集まることも。両方から情報を収集するといいでしょう。
2.チラシやネットで探す
チラシやネットで探すというのも、情報の数を増やすという点ではいいと思います。ただし、それを やはり判断するのが大切。不動産会社と人間関係ができているといいのは、こういう場合に『こういう 土地を見つけたのだけど、どうでしょう?』と相談をしやすいから。相場など、経験があるからこそ 分かることもアドバイスできると思います。
3.住宅メーカーから紹介してもらう
住宅メーカーから紹介してもらうというのも、実は有望な方法。当然土地がなければ家を建てることはないので、各住宅メーカーさんは常に土地の情報を確保する努力をしています。私たち不動産会社も、よい情報は共有するようにしていますから、土地が見つかる確率もアップします!
「では、複数のチャンネルを確保して、見つけた情報を相談できる人間関係を作っておくといいということですね。ちなみに、荒深さんも多くのお客さんと接すると思うのですが、どういう人がよい土地が見つかりやすいでしょうか?」
まずは、“時間をかける”ということ。いますぐに見つかることを想定せず、ある程度待つことが大切だと思います。また、どうしても担当者も人間ですので、印象に残す努力をするのも必要かもしれません。私のお客さまでも、本気度が高く熱心な方には、なんとかしていい土地を探してあげたいという気持ちが強くなります。条件があいまいな方と比べると、積極的に連絡を取りたくなりますよね。
「いかがでしたか?大変なことも多いですが、自分の暮らしをもっとステキにするための第一歩。せっかくなので、楽しんで取り組んでみてはいかがでしょうか?」
GO TO TOP