家づくりノウハウ

新築一戸建ての費用・資金計画・住宅ローン

hitomiさんと初めて学ぶ住宅ローン

長期で大きな金額のローンを組むのは初めてのhitomiさん。
ファイナンシャルプランナーの土井さんへ相談に訪れました。

hitomiさん

現在の住まい
福岡県内の賃貸マンション
家賃
8万円+駐車場1万円
住宅ローンについて学ばなくちゃ

まずいくら返せるかを考えましょう!

まずは何から考えたらいいの?

新築で一戸建てを建てることは決めたのですが、なにから始めたらいいですか?
やっぱり物件探し?

先に物件を決定してしまうと、無理なローンを組んでしまうこともありえます。
後々の生活設計を明るいものにするために、まずは資金計画から始めましょう。

家を買うのは、頭金ができてから?いいえ、そうではありません。

よく「住宅の購入は、頭金が準備できてからにした方がいいですか?」という質問を受けます。
もちろん頭金がたくさんあるに越したことはありません。しかし私は、「もし家を建てるつもりがあるのであれば、いまの時代だったら早く建てることをおすすめします」と答えます。
なぜなら次のようなことが考えられるからです。
住宅を購入する場合、多くの人が30~35年くらいで住宅ローンを組むことになります。
返済する際は、元金+利息を返していくことになりますが、この利息がみなさんが考えていらっしゃるよりも大きな金額で、その時の金利に大きく左右されるからです。

(例)3,000万円を35年で返済
金利2%の場合→最終的な返済額 約4,179万円
金利3%の場合→最終的な返済額 約4,856万円 差額 約677万円

つまり、頭金を貯金している間に、金利が1%上昇してしまうと、あっという間に最終的な支払い金額が700万円近く増えることになってしまうのです。いまは超低金利の時代。一番低い金利は、0.775%というケースも(変動金利の場合)。手付金として最初に払う100~200万円が準備できれば、低金利のうちにローンを組んだ方が、ずっと有利です。

家計を把握して、返せる金額を割り出しましょう。

ぜひ家を購入する際に考えて欲しいのは、住宅ローンのことだけでなく、家計の見直しも一緒に考えるということ。支出の無駄を省いて、自分たちの家計から無理なく払える金額を割り出しましょう。目安は以下の通り。

無理なく払える支出=手取りの収入の30%以内
(例)
手取りで年収400万円(※)の場合→ 1年の返済額 120万円(月10万円)を上限
※他にローンがあれば差し引く

また気をつけたいのが、頭金を多く入れたほうが後々の返済が楽になるからといって、手持ちの預金をすべて住宅ローンの返済に回してしまわないこと。生活をしていく上で、突然ケガや病気に見舞われたり、思いがけない出費が起こった時に対応できる余力は残しておきましょう。手元に残しておく金額は、 1年分の生活費が目安です。

住宅ローンについての基礎知識を知りましょう!

まずは何から考えたらいいの?

よく「固定金利」「変動金利」という言葉を聞きますが、これってなに?
私はどっちが向いているのかしら?

「固定金利」「変動金利」は、住宅ローンの金利のタイプのことです。
住宅ローンを借りる際、そのどちらを選ぶかで返済総額に差が生じます。
それぞれの金利のメリット・デメリットを知った上で、自分にあったものを選びましょう。

固定金利と変動金利は、こう違う!

固定金利とは、市場の動きに関係なく、返済額がずっと同じ金利で固定されるタイプの商品。変動金利とは、市場の動きによって、返済額の金利が変動するタイプの商品のことです。

固定金利

メリット
返済最終日までの借入額が確定するので、返済計画がたてやすい。
金利上昇局面には有利。
デメリット
変動金利型に比べると、金利が高くなる。
向いている人
借り入れ後は住宅ローンの金利のことをあまり考えたくない人
返済額がアップすると家計が厳しくなりそうな人
代表的な商品
フラット35
一部銀行ローン

変動金利

メリット
金利下降局面には有利。
低金利局面では、借入残高の減りが早い。
デメリット
返済額や支払利息が確定しない。
向いている人
金利の動向を見るのが苦ではない人。
繰り上げ返済を検討している人
代表的な商品
銀行ローン

ちなみに相談を受ける前の段階では、約6割の方が固定金利の商品を希望していらっしゃいますが、超低金利時代の現在、最終的に約8割の方が変動金利のローンを使われています。
その理由には「金利が4%台になるまでは、固定金利より変動金利のメリットの方が大きい」「しばらくは超低金利の水準が続く予測である」「固定金利と変動金利の、毎月の支払いは変動金利の場合が2~3万円ほど安いため、その差額を預金し繰上げ返済に回す人が多い」などがあります。

※2013年1月現在の情報です

協力:福岡FP総合事務所 総合ファイナルプランナー 土井健司