いいね!戸建って!

暮らしのインタビュー

vol.1 DJ TOGGY

福岡市内の山奥にTOGGYさんのスタジオがあると聞き、どんな見晴らしがよいところなんだろうと期待に胸を膨らませていた取材班。取材前日、マネージャーさんより「車で来られると運転が難しいほど奥地にあるので、お迎えにいきます」とのことで、恐縮しながら当日バス停で待っていると、TOGGYさん自ら大型四駆でお出迎え。ジェットコースターばりの坂を登り終えた頂上に、真っ黒のグラスハウスが立ちはだかっていました!

心地よい家はおもてなしの空間

ー 洗練されているのに、なんだか落ち着く空間ですね。こちらのお家は何年前に建てられたのですか?
<DJ TOGGYさんより>2010年だから今から3年前。デンマークにある建築家・グンログソンの自邸に一目惚れして、家を建てるならこういうイメージがいいって思っていて。彼は日本建築に影響を受け、ヨーロッパの石積みの建築ではない家作りをしています。いい木を使って、横に伸びていく日本の平屋文化を住宅に取り入れ、四季折々の草木や、風、空気を感じられるよう大きな窓を作っているグラスハウスなんです。
TOGGYさん宅のリビング
ー 家を建てる際、どんな希望がありましたか?
<DJ TOGGYさんより>茶室を造りたい。グランドピアノと暖炉を据えたい。スタジオと広いサロンが欲しい(笑)。一番は人をもてなす空間が作りたかったんです。仕事は音楽関係だけれども、他にもデザイナーや建築家などが集まって、いろんな面白い発想が生まれてくるような場所にしたい。昔からサロン文化というのに憧れていたのもあります。茶室も、おもてなしの空間という意味で作りました。インテリアや家具もこだわり、大好きな’60〜’70のヴィンテージをちょっとずつ揃えて、くつろぎの空間を作っているんですよ。
TOGGYさん宅のスタジオ、グランドピアノ、暖炉
GO TO TOP

5年も費やした家づくり

ー こんな素敵な住まいを完成させるまで、どのくらいかかったのですか?
<DJ TOGGYさんより>土地探しに3年、設計に丸1年、立ち上げに1年と、約5年かかりました。木造でグンログソン邸のグラスハウスのイメージを建築家に相談しながら家作りしている間は、とても楽しかったです。もともとインテリアも大好きなので、この家具に合う部屋を作りたいという思いも強かったですね。あとエコロジーのことも頭にあって、太陽光パネルも設置したけど、一番のエコは、内外壁に国産杉を使っていること。それを木目が残るように黒く塗って、和と洋をモダンにミックスさせました。バランスが難しかったですね。
ー この土地はどうやって見つけたんですか?
<DJ TOGGYさんより>不動産情報誌で探したんですよ(笑)!でも難あり物件で。土地の問題やいろんな乗り越えなければならないことはありましたけど(笑)。街なかか、山奥か迷ったんですけど、自然を楽しめるのですごく気持ちいいし、自然のなかに住まわせてもらっているという感じです。
GO TO TOP

廊下の先は茶室! 多趣味な生活

ー 音楽のほか、茶道、書道に、料理、カヌー、釣り、クルマ、バイク、ゴルフなど、多彩な趣味をお持ちのTOGGYさん。今日はお茶のお稽古後に取材をさせていただいていますが、暮らしをとっても満喫されているように感じます。福岡の住み心地はいかがですか?
<DJ TOGGYさんより>東京・大阪そして海外の仕事があっても福岡から通えばいいと思っています。軸足は完全に福岡です。それには理由があって、様々なことが福岡でできるから。海や山と自然があって、ほどほどに都会で。福岡は住みやすい街として世界の中からランクインされていますよね。僕がDJをしているのも、その魅力を気づいていない人に、知ってもらいたいという思いがあります。音楽だけじゃなく、ライフスタイル全般を! 新しいお店がオープンしたとかだけではない、“福岡でどんな暮らし方があるのか”を。それを提案するために、僕は体を張って遊んでいます。(笑)。それを積極的にやったあまり、趣味と借金がどんどん増えていっているんです。
TOGGYさん宅の茶室茶室でお茶のお稽古をしている様子
GO TO TOP

住み心地良好な福岡に

ー これからの福岡暮らしをどう楽しんでいきたいですか?
<DJ TOGGYさんより>街なかと山、どちらに家を建てるか迷ったとき、山を選んでよかったと思っています。薪割りや草むしりなど行なわないといけないことは多々ありますけど、茶人として自分で庭を手入れしたり、茶室の管理をするのは当たり前。不便なところがエコなんで。人間が楽に暮らすために突き詰めていけば、エコには結びつきませんよ。自然のサイクルのなかに人間が合わせていけるような暮らしをしていかないと。日本人だからこそ、季節のうつろいを感じていきたい。それはファッションでもインテリアでも。その究極が茶道だと思っています。
スタジオでインタビューに答えるTOGGYさん
GO TO TOP